Sony SRS-XV500 レビュー: ポータブル音楽の強力なメーカー 13

Sony SRS-XV500 レビュー: ポータブル音楽の強力なメーカー

Sony SRS-XV500 は、たくさんの魅力を備えたポータブル パーティー スピーカーです。 機能が豊富で、高性能ドライバーのおかげで、音楽愛好家にも満足できます。 XV-500は、LGやJBLなどのオプションを備えたかなり競争の激しい市場空間に参入していますが、その印象的なバッテリー寿命と一般的に優れたオーディオパフォーマンスにより、群衆の中で際立っています。

私たちMoyens I/Oでは、お金を払う価値があるかどうかを理解していただくために、このパーティースピーカーを徹底的にテストしました。 Sony SRS-XV500 について知っておくべきことをすべて読んでください。

Sony SRS-XV500 レビュー: 設計と製造の品質

デザインから始めて、XV500 はシンプルでありながら楽しいものを保ちます。 全体的なデザイン言語はエッジの周りの曲線が特徴で、一般的にこのサイズのパーティー スピーカーとしてはコンパクトなフォーム ファクターです。 ビルドの品質は非常に優れており、正直に言って、ソニーのようなブランドに期待されるものに何ら変わりはありません。

重量は約 11.2kg で、フェザー級ではありませんが、移動に役立つ車輪が 2 つあれば歓迎されるでしょう。 とはいえ、動きにくいというわけではありません。 これは主に、持ち運びに便利な構造のおかげです。

IMG_20240418_101045 1IMG_20240418_101045 1

スイッチを入れると、最初に気づくのは、デバイス上のパーティー ライトです。 これらは最終的にはバッテリーの寿命に悪影響を及ぼしますが、これについては後で詳しく説明しますが、間違いなく見栄えが良く、スピーカー全体の外観と感触に価値を加えます。

これとは別に、他の重要な設計要素には、ペアリングした電話を保持するための専用の場所が含まれます。また、重要なことに、スピーカーを屋外に持ち出す予定がある場合、これらのスピーカーが水しぶきに耐えることができることを保証する IPX4 定格が約束されています。 。

ここのボタンは静電容量式で照光式になっており、使いやすさが向上しています。 デバイスの選択、ライト、Mega Bass など、重要な機能をすべてカバーしています。 重要なのは、アクセスしやすいようにスピーカーの上部にも配置されていることです。 ここで注意すべき点は、このスピーカーには専用のリモコンが付属していないことです。これは残念です。

Sony SRS-XV500 レビュー: 機能と接続性

SRS-XV500には、価格の割にはまともな機能リストも付属しています。 ギミック的な機能は避けていますが、XV500 をカラオケ スピーカーとして使用したい場合は、2 つのマイク入力用の場所があります。

または、状況を切り替えて、マイク 1 つとギター 1 つをスピーカーに接続することもできます。 USB-A ポートも付いており、ユースケースに応じて便利です。 ただし、光ポートを使用してこれをデバイスに接続することはできません。ポートがスピーカー上に場所を見つけられないためです。

IMG_20240418_101451IMG_20240418_101451

また、スピーカーを 2 台のスピーカーに同時に接続できるデュアル デバイス接続などの機能にもアクセスできます。 さらに、気の利いたステレオ ペア機能があり、スピーカーを同種のスピーカーとペアリングして、ステレオ セットアップの左または右の専用チャンネルとして機能させることができます。

ソニーも、これにコーデックの幅広いサポートを追加するという良い仕事をしました。 このおかげで、SBC、AAC、LDAC オーディオ コーデックなどのコーデックがサポートされます。 ただし、後者は iPhone では利用できず、Android ユーザーのみが利用できます。

Sony SRS-XV500 レビュー: バッテリー寿命

Sony SRS-XV500 のプラスチック シェルの内側には大きなバッテリー パックが隠されており、理想的な条件で使用した場合、フル充電で最大 25 時間の再生が約束されます。 私たちのテストでは、スピーカーを使用して Bluetooth 経由で接続された携帯電話から音楽を再生すると、16 時間近くの再生が可能になりました。

音量はほとんどの部分で約 50% で、テスト中はパーティー ライトが約 6 時間点灯されました。 また、Mega Bass は、デバイスのテストに費やした時間の半分の間、スイッチがオンのままでした。

IMG_20240418_101511IMG_20240418_101511

私たちのテストデータから、デバイスの音量レベルとパーティーライトがスピーカーのバッテリー寿命に直接影響を与えることは明らかでした。 したがって、ソニーが宣伝している 1 回の充電で 25 時間の再生に近づけたい場合は、音量を下げ、パーティー ライトなどの追加機能をオフにしてみてください。

ただし、パーティの照明をオンにして最大音量で音楽を再生する予定がある場合は、これらのスピーカーから得られるランタイムはかなり控えめになることを知っておいてください。 バッテリー寿命を延ばすために、スタミナ モードにもアクセスできます。これにより、パーティー ライトやメガバスなどの機能が無効になり、最終的にランタイムは長くなりますが、オーディオはフラットなサウンドになります。

Sony SRS-XV500 レビュー: オーディオパフォーマンス

オーディオのパフォーマンスについて言えば、スピーカーの中心となるのは 2 つの前面ウーファーと 2 つの前面ツイーターです。 これらを組み合わせることで、豊かなサウンドと全体的にバランスのとれたサウンドを実現します。 このサイズのスピーカーとしてはサウンドステージが広く、さらに重要なことに、非常に優れた音の分離も得られ、音楽鑑賞体験が向上します。

低音を優先するように調整されているにもかかわらず、オーディオはクリーンなままであり、音楽を聴くときに優れた体験を提供します。 しかし、ここで留意すべき点がいくつかあります。 何よりもまず、スピーカーは電源に接続されている場合とバッテリーで動作している場合では異なるサウンド プロファイルを採用します。

IMG_20240418_102525 1IMG_20240418_102525 1

後者の場合、電源に接続されているスピーカーと比較すると、音は少し平坦で、それほど大きくありません。 したがって、より深い低音と大音量の音楽をお望みの場合は、電源に接続したままにすることをお勧めします。そうすることで、SRS -XV500 が真に生きてくるのがわかります。

Mega Bass も私たちが使ってよかった気の利いた機能で、このデバイスで低音の多いトラックを再生したい人にはお勧めします。 必要な音楽に活気を自動的に加えます。 ただし、低音のファンではない場合は、これをオフにして、ボーカルと高音に明確に焦点を当てる必要がある曲を処理する際にスピーカーが輝くことを確認してください。

Sony SRS-XV500 レビュー: 買うべきですか?

SRS-XV500 は、必要なときに持ち運びができる優れたパーティー スピーカーをお探しの場合にお勧めします。 多用途で、これを魅力的なオプションにするための豊富な機能リストを提供します。

IMG_20240418_102455IMG_20240418_102455

スピーカーが提供する洗練された音質と重低音は、特に電源に接続した場合に、XV500 を検討する理由になります。 しかし、本当に優れているのは、マイク入力を強力なカラオケ スピーカーに変えることで、パーティーを活気づける機能です。

私たちが好きなもの

  • パワフルな低音レスポンス
  • メガバス機能が印象的
  • 優れたバッテリー寿命
  • 確かなビルド品質

私たちが好きではないこと

  • 中域はあまりきれいではありません
  • リモコンなし

また、長いバッテリー寿命と IPX4 定格のシェルにより、屋外に持ち出す場合でも XV500 が活躍し、すべての人に臨場感あふれるオーディオ体験を提供します。

関係で :  Vankyo Performance V700W プロジェクター レビュー
Moyens I/O のスタッフはあなたをやる気にさせ、テクノロジー、自己啓発、ライフスタイル、そしてあなたを助ける戦略についてのヒントを提供してくれます。