G2 Capsは西側のLoLチームに対し「言い訳」をやめてプレイをレベルアップするよう呼びかけている 13

G2 Capsは西側のLoLチームに対し「言い訳」をやめてプレイをレベルアップするよう呼びかけている

G2 Esports は、 リーグ・オブ・レジェンド 5月14日、Top Esportsを破り、Mid-Season Invitational 2024への出場資格を剥奪することでコミュニティに勝利をもたらした。勝利後、キャップスは西側のチームに対し、負けの言い訳をやめるよう呼び掛けた。

の中に 同盟 eスポーツシーンでは、北米やヨーロッパのチームが中国や韓国のチームに負けることが多く、いわゆる「差」は年々広がっています。 G2 は、しばらくの間、この分野で競争力があるように見える唯一のチームです。 TES戦での勝利後、キャップスは自分自身に言い訳をしないことを誓い、他の西側チームにも同じことをするよう求めた。

「『ああ、私たちはヨーロッパ出身だ』というような言い訳をしたり、『ああ、私は年をとりすぎた』というような言い訳をしたりするのです。 それはそういうことだと思います、ただの言い訳です。 これでもう終わりです」 キャップスはデクセルトに語った 対TESの勝利後。

キャップスが言及している言い訳は、ヨーロッパと北米のプレーヤーに共通している。 西側のチームは通常、中国や韓国のチームに苦戦します。これはおそらく、EU および NA 地域では東部地域ほどリーグの競争力が低いためと考えられます。

韓国のブートキャンプに旅行する人は、プレイヤーがベストを尽くす決意をし、通常より多くのプレイをするこの地域のソロキューを賞賛することがよくあります。 中国の高級梯子は「スーパーサーバー」というあだ名も付けられている。 一方、西側諸国では、特に NA では、プレイヤーが ping の問題や他のプレイヤーがソロ キューを真剣に考えていないことについてよく話しており、最近 Zven が言及しました。 また、東部のチームは西部のチームに比べて練習に多くの時間を費やす傾向があり、後者は時間やエネルギーが足りないなどの言い訳をします。

西洋の選手たちも、シーンに参加するには年をとりすぎていると不満を漏らしている。 しかし、フェイカーは 2023 年に 27 歳で 4 度目の世界選手権に優勝することができました。これらは西側と東側の間の格差が拡大した理由のほんの一部にすぎません。

G2 Esports の Martin "Yike" Sundelin が MSI 2024 ブラケット ステージのステージに登場します。

キャップスはまた、特に2018年と2019年に2度の世界選手権決勝に進出した後、その後の国際大会では及ばなかった後、自分の全盛期を過ぎて絶望的だと感じたことも明らかにした。 しかし、もっと重要なことは、彼は最近、十分に努力すれば何でも達成できることに気づきました。 「もっと良くする必要があるだけだ。 もっと上手くできると分かっている」と彼はデクセルトに語った。 「私がまだ世界選手権で優勝していないことはあまり問題ではありません。私が年をとったことも問題ではありません。」

G2は長い間、西側のファンにとって競争力のある唯一の希望の光であった 同盟。 彼らは、MSI 2019 で優勝し、同年の世界選手権決勝に進出し、他の国際トーナメントを通じて存在感を維持することで、それを達成しました。 Team Liquid の CoreJJ は、 G2の足跡をたどりたいとさえ主張した

関係で :  原神:ルミドゥース・ベルの完全な場所ガイド
Moyens I/O のスタッフはあなたをやる気にさせ、テクノロジー、自己啓発、ライフスタイル、そしてあなたを助ける戦略についてのヒントを提供してくれます。