モバイルとデスクトップの Google ドキュメントで音声入力を使用する方法 13

モバイルとデスクトップの Google ドキュメントで音声入力を使用する方法

Google ドキュメントは主に正式な手紙、招待状、会議メモ、目次の作成を目的としていますが、アイデアを書き留めたり、日記として使用したりすることもできます。 そのため、Google ドキュメントは機能が非常に豊富で、考えを書き留めるのをより便利にする音声入力などの機能をサポートしています。

音声入力機能を使用すると、ユーザーは大まかで構造化されていないアイデアを書き留めることができるため、ライターの作業が妨げられなくなります。 完璧な文章を書こうと考えて時間を無駄にする必要はありません。その代わりに、散らばっていても自分の考えをただ声に出すことができます。 この機能を有効にしてモバイルとデスクトップで使用する方法は次のとおりです。

モバイルの Google ドキュメントで音声入力を使用する

Google ドキュメント モバイル アプリを使用すると、外出先でもドキュメントを管理できます。 このアプリを使用すると、ドキュメントを編集したり、iPhone や Android スマートフォンに PDF ファイルとして保存したりできます。 モバイル アプリで音声入力機能を使用する方法を見てみましょう。

iPhoneの場合

iPhone ユーザーは、iOS キーボードで利用できる Speech-to-Text 機能を使用するだけで、Google ドキュメントの音声入力機能を使用できます。 その方法は次のとおりです。

ステップ1: Google ドキュメント アプリを開き、新しいドキュメントまたは以前に作成したドキュメントを開きます。

ステップ2: ページをタップしてキーボードを表示します。 次に、右下隅にあるマイクアイコンをタップします。

マイク iPhone キーボード Google ドキュメントマイク iPhone キーボード Google ドキュメント

ステップ 3: 単語のディクテーションを開始すると、Google ドキュメントが音声をテキストに変換します。

マイク アイコンが表示されない場合は、音声ディクテーションが有効になっているかどうかを確認してください。 その方法は次のとおりです。

ステップ1: 設定アプリを開き、「一般」をタップします。

iPhone 2の一般​​設定iPhone 2の一般​​設定

ステップ2: 「キーボード」を選択し、「ディクテーションを有効にする」の横にあるトグルをタップします。

iPhone 3のキーボード設定iPhone 3のキーボード設定
iPhone キーボードのディクテーションを有効にするiPhone キーボードのディクテーションを有効にする

同じメニューから自動句読点を有効にして他の側面を調整することもできます。

自動句読点キーボードiPhone自動句読点キーボードiPhone
iPhone 2 1のキーボード設定iPhone 2 1のキーボード設定

それでもディクテーションが機能しない場合は、他の解決策についての投稿を参照してください。 このガイドで説明されている解決策は、すべての iOS バージョンのすべての iPhone に適用されることに注意してください。

Androidの場合

ステップ1: Google ドキュメントを開き、新しいドキュメントまたは以前に作成したドキュメントを選択します。

ステップ2: ドキュメント領域をタップしてキーボードを有効にします。 次に、マイクアイコンをタップします。

マイク Android キーボード Google ドキュメントマイク Android キーボード Google ドキュメント

ステップ 3: 単語のディクテーションを開始すると、Google ドキュメントが音声をテキストに変換します。

Android スマートフォンでディクテーションが機能しない場合は、私たちの投稿を参照してください。

デスクトップ上の Google ドキュメントで音声入力を使用する

デスクトップ ユーザーの場合、音声入力機能が Google ドキュメントに組み込まれています。 ただし、Mac および Windows PC の Google Chrome および Microsoft Edge ユーザーのみが利用できます。 これを有効にして使用する方法は次のとおりです。

ステップ1: Web ブラウザを開いて、次の場所に移動します。 docs.google.com。

Google ドキュメントにアクセス

ステップ2: アカウントにサインインし、新規または既存のドキュメントを開きます。

ステップ 3: 上部のメニュー バーで[ツール]をクリックし、[音声入力]を選択します。

音声入力ツール Googleドキュメント音声入力ツール Googleドキュメント

ステップ 4: 左側にあるマイクアイコンを選択します。 ブラウザーでは、マイクへのアクセスを有効にするよう求められます。 「許可」をタップします。

マイクアクセスを許可する 音声入力 Googleドキュメントマイクアクセスを許可する 音声入力 Googleドキュメント

ドロップダウン メニューをクリックして、希望の言語を選択することもできます。

音声入力言語を変更する Googleドキュメント音声入力言語を変更する Googleドキュメント

そして出来上がり! Mac または Windows PC の Google ドキュメントで音声ディクテーションの使用を開始できるようになりました。

音声入力で句読点と書式スタイルを使用する方法

Google ドキュメントでの音声入力の最も良い点は、音声入力や句読点の挿入もできることです。 これにより、手動で入力および修正する時間を節約できます。 マイクを有効にすると、「すべて選択」、「太字」、「斜体」などのコマンドの音声入力を開始できるようになります。 音声入力に使用できる音声コマンドは他にも多数あります。 ただし、注意してください。口述した句読点が常に正しく翻訳されるとは限りません。 したがって、この機能を使用する間はしばらくお待ちください。

Googleドキュメントで句読点を使用するGoogleドキュメントで句読点を使用する

Windows 11 で Google ドキュメントに Microsoft 音声入力ランチャーを使用する

Windows 11 には、音声入力に使用するために設計された音声入力ランチャー (Microsoft Speech Services) と呼ばれる機能があります。 この機能を有効にすると、Google ドキュメントまたはその他のアプリケーションで音声入力を使用できます。 有効にする手順に従う前に、最新のソフトウェア アップデートがインストールされていることを確認してください。

ステップ1: Web ブラウザで Google ドキュメントを開き、アカウントにサインインします。

ステップ2: ドキュメントに移動し、Windows キー + H を押して Microsoft 音声サービスを有効にします。

ステップ 3: ポップアップからマイクアイコンをクリックして使用を開始します。

マイクロソフト音声サービス Windows 11マイクロソフト音声サービス Windows 11

[設定]アイコンをクリックして、別のマイクの使用や自動句読点の有効化などの変更を加えることができます。 私たちの側でも同じことをテストしたところ、サービスはカンマとピリオドを自動的に導入しました。これは素晴らしいことです。

設定 Microsoft 音声サービス Windows 11設定 Microsoft 音声サービス Windows 11

Windows 11 で音声入力が機能しない場合は、投稿を参照してください。

Mac でディクテーションを使用して Google ドキュメントで音声入力する

Mac のディクテーション機能を使用して、音声入力を容易にすることもできます。 これは、Google ドキュメントで音声合成を使用できるようにする組み込みツールです。 句読点を使用するためのすべての音声コマンドもこれで機能します。 Mac でディクテーションを使用する方法については、私たちの投稿を参照してください。

指を休めてください

Google ドキュメントの音声入力オプションは、終わりのない入力セッションからの休憩として切望されています。 この機能は、他のタスクをやりながら何かをメモする必要があるときにも役立ちます。 このガイドが役立つと思われた場合は、以下のコメントでお知らせください。

関係で :  Instagram ストーリーに関するよくある質問: 追加、アーカイブ、表示、およびその他の質問への回答方法
Moyens I/O のスタッフはあなたをやる気にさせ、テクノロジー、自己啓発、ライフスタイル、そしてあなたを助ける戦略についてのヒントを提供してくれます。