フィリップス、どこからでも操作できるWi-Fi搭載の初のスマートロックを発売 13

フィリップス、どこからでも操作できるWi-Fi搭載の初のスマートロックを発売

フィリップスは、Wi-Fiを内蔵した初のスマートデッドボルト(その名も「 Wi-Fi 内蔵の Philips スマート デッドボルト) により、ユーザーは場所を問わず玄関のドアを制御できるようになります。ロック自体が Wi-Fi 経由で Philips Home Access アプリに直接接続されるため、セカンダリ ブリッジやその他のデバイスは必要なく、セットアップは迅速かつ簡単に行えます。

セットアップ プロセスをさらに効率化するのは、スマート ロックのレトロフィット設計です。ほとんどの既存のハードウェアに簡単にフィットするため、デッドボルトを交換したり、新しい鍵を渡す心配はありません。つまり、玄関ドアの外側の外観はほとんど変わりませんが、音声コマンド統合、自動ロック解除機能、ドア位置感知、モバイル アプリ経由のリモート アクセスなどの「スマート」機能の恩恵を受けることができます。

スマート ロックにはワイヤレス キーパッドが付属しています。これを玄関の近くに設置すると、パスコードを入力したり、指紋をスキャンしたりして、ドアをすばやく施錠または解錠できます。また、ゲストはスマート ロックを使用するためにアプリをダウンロードしたり、物理的なキーを受け取ったりする必要はなく、パスワードを入力するだけで中に入ることができます。

Alexa と Google Assistant は Philips のスマートロックで動作しますが、Matter と Apple Home はどちらも欠けているのが目立ちます。その欠点を除けば、これは魅力的な後付けスマートロックのようです。取り付けが簡単で機能が満載なだけでなく、発売時に 90 ドルの割引が適用され、買い物客はわずか 130 ドルで購入できます。

後付けスマートロックの市場には製品が溢れているわけではありませんが、August Wi-Fi スマートロックは長年愛用されています。Philips スマートデッドボルト ビルトイン Wi-Fi よりはるかに高価ですが、デザインは少しコンパクトです。また、Keypad Touch とペアリングして、モバイル アプリだけでなく、物理的なキーパッドや指紋スキャナーからもアクセスすることもできます。ただし、Philips スマートデッドボルト ビルトイン Wi-Fi よりはずっと価格帯が高いため、手頃な価格のスマートロックをお探しの場合は、この新製品もぜひご覧ください。

関係で :  ホログラムが大学の教室にやってくる
Moyens I/O のスタッフはあなたをやる気にさせ、テクノロジー、自己啓発、ライフスタイル、そしてあなたを助ける戦略についてのヒントを提供してくれます。