考古学的発見により、イラクのヘラクレスとアレクサンダーのつながりが明らかに 13

考古学的発見により、イラクのヘラクレスとアレクサンダーのつながりが明らかに

考古学者、古代バビロンのギルスでの発掘中に、彼らは2つの有名な神殿を上下に発掘しました。 この発見により、この地域に存在した古代文明について前例のない洞察が得られました。

上部の神殿は紀元前 4 世紀に建造され、紀元前 336 年から紀元前 323 年の間に既知の世界の広大な地域を統治したアレキサンダー大王に関連しています。

2 番目の寺院はより古く、ヘラクレスとシュメールの神ニンギルスに捧げられており、何世紀にもわたる文化の興味深い重なりを明らかにしています。

寺院は時間の中で重なり合う

考古学的発見により、イラクのヘラクレスとアレクサンダーのつながりが明らかに 16

現在のイラク、ギルスにあるヘラクレスとアレクサンダーの神殿の遺跡 画像: Girsu Project/大英博物館/複製

ロンドンの大英博物館が主導するギルス・プロジェクトの一環である今回の発見は、文化的な層で知られるこの地域の歴史の複雑さを浮き彫りにしている。

セバスチャン・レイ、第一人者考古学者 発掘、古代シュメール神殿が後の建設とまったく同じ場所を占めていたことを共有しています。

これは、過去との深いつながりと、紀元前 4 世紀のバビロンの住民側の歴史に対する驚くべき理解を示唆しています。

最近の神殿で発見されたアラム語とギリシャ語の碑文が刻まれたレンガには、2人の兄弟の寄付者への言及が含まれており、アレクサンダー自身への暗示と解釈されている。

祭壇の下でギリシャの銀のドラクマが発見されたことは、兄弟を与える者、アダを意味する謎めいた名前「アダドナディナケ」とともに、興味深い雰囲気を添えています。

この碑文は象徴的かつ儀式的なもので、ゼウス、ヘラクレス、アレクサンダーの間の神話上のつながりを強調しており、ギリシャの天の神とアレクサンダー自身に似た肖像画のヘラクレスを表すコインによって証明されています。

アレクサンダーのこの場所への訪問は依然として不確実であるが、考古学的な遺跡では、兵士の粘土人形を含む戦闘前の儀式に関連した供物が明らかにされており、その一部は王と関係のあるマケドニアの騎士を表しています。

アレクサンダーが自身のコインを鋳造するためにバビロニアの銀を使用した可能性は、歴史上の人物がこの地域に永続的に影響を与えたことを浮き彫りにしています。

このような考古学的発見は、過去へのユニークな窓を提供し、重なり合う寺院の物理的な遺跡だけでなく、複雑な文化的つながりも明らかにします。 神話的な その間 ヘラクレス、アレクサンダーとイラクの古代文明。

これらの寺院の遺産は時を超え、この魅力的な地域の豊かな歴史のタペストリーへのより深い理解をもたらします。

関係で :  Gmailの不足しているメールエラーを修正するためのトップ8の方法
Moyens I/O のスタッフはあなたをやる気にさせ、テクノロジー、自己啓発、ライフスタイル、そしてあなたを助ける戦略についてのヒントを提供してくれます。